スーパーマン  クリストファー・リーブ

追 悼 クリストファー・リーブ
  2004年10月9日、リーブ氏は自宅で心臓発作を起こし翌10日、ニューヨークの病院で逝去した。あまりにも突然の死、享年52歳であった。ここ数週間床づれが悪化していたが5日にはシカゴの脊髄損傷の研究会に出席していたという。
 1999年10月の基金設立総会には「日本の皆さん、決してあきらめないで下さい。もはや脊髄再生は夢ではありません」とのビデオメッセージが寄せられた。
 当基金からダナ夫人への哀悼のメールに、リーブ財団(CRPF)からは以下のメッセージが送られてきた。 「我々はみな、クリストファー・リーブ氏の死を悼んでおります。彼の家族とファンデーションはあなたがたのお気持ち、志に感謝すると共に、彼の家族にお伝えします。彼の信じた研究は、彼を記念して今後も続けられます。」

クリック↓
クリストファー・リーブからの
日本せきずい基金への
応援メッセージビデオ

Christopher Reeve (クリストファー・リーブ 氏)

クリック↓
MENU TOP